aroma-oliveの日記

平野区アロママッサージサロンOliveの日記

大阪の平野区でアロマサロンを開いて7年目、セラピストのつれづれ日記。

オリーブにくることが待ち遠しくて。。体も心も無になる香り。

サロン ベッド

アロマサロン ベッド


本日もアロママッサージ120分の癒やしの時間を過ごしていただきました。

あっという間に怒涛のように過ぎた1週間だったのですね。

頭も神経も張りつめた時間がようやく過ぎました。

お客様50代、もうお仕事も大ベテラン。

 

本日は、「もうこれがいい!」

リラックス!思い切りリラックスの香りにしましょう。

それでいて、奥の方の自分に静かに戻っていけるエネルギーが必要ですね。

 

サンダルウッドです。

インドネシア産のもの。

貴重です。ほとんどがオーストラリア産が多い中、この白檀と言われる香りは、生産国でかなり違う。

 

一人になりたい。

余計なものをリセットしたい。

お寺で静かに、心地よい、お鈴の音を聞きながら瞑想しているような。

そんな気持ちにさせてくれます。

やっぱりインドだなぁ〜。

 

あとはネロリ

上品な香りです。

そしてスィートマージョラム。

 

サンダルウッド・マージョラム・ネロリ

身も心も温めながら、本当の自分にもどる道へ導いてくれる。

魂と心の本質に触れ、再生と希望をもたらす香りでございます。

 

今日のお客様にぴったりでした。

日常は誰かのためのものであることが多いけれど、時間もお金も。

その役割ばかりでは、とても窮屈になってしまう。

そんな時に、体がメッセージをだしてくれます。

 

自分と離れたときには、必ず教えてくれるようになっている。

アロマの香りはパワフルです。

一瞬で人の原始的な感情に届けてくれます。

 

そして、人の手が加わることで、究極のリラックスを味わうことができる。

足が軽くなった、手のここが重かったのね。

触れられることで体からのメッセージを受け取ってください。

 

それがほんとに人生変えるくらい大事だと、このお仕事が教えてくれました。

楽しみにしてくださること、

その責任を私も果たせるように。。