aroma-oliveの日記

平野区アロママッサージサロンOliveの日記

大阪の平野区でアロマサロンを開いて7年目、セラピストのつれづれ日記。

体の痛みがなくなった。

昨日の雨がやみました。

湿度が高いけれど、温かく過ごしやすい1日でした。

f:id:aroma-olive:20200211134107j:image

今朝はコンビニでサンドイッチ買いました。

サンドイッチ

そしたら、こんな事言われました。

 

「お箸、入れときましょか」

「・・??」

 

若い店員さんに、なんで??と心の声。

 

ありがとうと言いたいけれど、

 

今はお箸で食べるのですか〜(*_*)

 

おばちゃんにはわかりません。

 

アロママッサージ90分のお客様。

 

今年初めてのご来店で2ヶ月ぶりのご挨拶は「あけおめ〜かとちゃん」。

 

と言われました(*^^*)

 

「あちこちが痛いねん」

 

「神経痛なんかな、最近、ストレスもあるしな。。」

 

50代のお客様。

 

「考え方変えてみても、明日になったら元通りで、また同じように考えてしまう」

 

わかります。

 

人間て、いろんなことにとらわれて、

忘れようとしたり、

違う形に変換してみたり、

それでも感情というものの扱いは難しい。

 

ストレスになっている原因がわかっても、

それをどうすればいいのかわからないです。

 

どうすることもできないという事実。

自分にできること、できないことをまずははっきりさせてみる。

 

できないことは仕方ない。

諦めてみる。(これができないのですよね)

あとは神様頼みです^^;

 

空

 

マッサージ後

「気持ちよかったぁ〜」

「不思議、体の痛いのん、なくなってる」

 

アロマトリートメントの効果です。

 

自律神経のうちの副交感神経を優位にさせます。

 

この神経は、体を休息モードに変換してます。

 

これは、

触れる部位や圧、リズムなどの手の動かし方、

環境などによって変わります。

 

同じマッサージでも、自律神経の反応は違うのですね。

 

その方と息をあわせて、

触れ方を変えております。

 

アロマトリートメントの心地よさを感じると、体の中は何がおこるでしょうか?

 

触れられるのが大好きなホルモンがあります。

 

愛情ホルモンと言われるオキシトシン

 

幸福感を感じるドーパミン

 

これらがたくさん分泌されます。

 

すると、ある感情は影を潜めます。

 

不安・孤独・焦りなど

何度も湧き出てくるマイナス感情です。

 

脳の中の書き換えです。

 

「ここにくると、元気が出る」

 

そのように感じるのは、こういうことが理由の一つにもあります。

 

「痛みがなくなった」

 

この感覚も、ゲートコントロール説というのがあって、

 

痛みのメカニズムを説明する理論です。

 

脊髄には、痛みを脳に伝える門があり、

門が開いていると、痛みが脳に伝わり、

門が閉じていると、痛みの緩和や消失がおこるというもの。

 

その門は、リラックスしているときには閉じています。

 

反対に、不安などの感情がおきていると、門は開かれています。

 

これをゲートコントロール理論と言われます。

めっちゃ簡単な説明です(._.)

 

痛みを和らげるには、まずはリラックスできていること。

 

アロマトリートメントの優しいタッチは、太い神経線維を通るようになっています。

 

太いほうへの刺激は、痛みの門を閉じるように働きかけるそうです。

 

いつも体がとにかく痛いという方。

健康でも、なんらかの体のバランスが崩れ、感じることもあります。

 

痛みの病気には、線維筋痛症というのもあります。

痛みが全身を常に襲い、誰にもわかってもらえないという辛い病気。

 

ガンなどの症状による痛みのある方。

 

このような方へ、アロマトリートメントの良さが届けられるといいなと思います。

 

オリーブ☆かとうゆか

 

更年期世代の女性のためのアロマサロン・高齢の方と病気の方への訪問アロマケア専門 平野区アロママッサージオリーブ

谷町線平野駅より徒歩2分)

大阪市平野区流町1-6-4ゆうハイツ流町303

アクセス

9時半~18時(最終予約)

年中無休/女性専用

070-5268-9888

HP

メニュー

空き状況

  24時間お申込はこちら