aroma-oliveの日記

平野区アロママッサージサロンOliveの日記

大阪の平野区でアロマサロンを開いて7年目、セラピストのつれづれ日記。

腰湯のおすすめ

オリーブサロンのかとうゆかです。

毎日湯船に浸かるのも、暑いから苦手というお客様。

腰湯をしてみませんかとお伝えしました。

坐骨神経痛のようなお尻の痛みが続いています。

つらいですよね、わかります。

アロマトリートメント120分でお尻しっかりほぐさせていただきました。

あとは温めることを習慣にできたらなぁ。。。

お尻が痛い時のアロマケア

腰湯のおすすめ

腰湯は昼間でも休日でも、できる時にしてみてください。

お臍から下くらいまで、今なら41度くらいいのお湯を浴槽にためます。

そこに天然塩+精油5滴〜10滴(お湯の量にもよる)

天然塩がない時は、牛乳やクリープで、精油とお湯が混ざるようなものを使います、

じーっと腰やお尻が温もるまで浸かって下さいませ。

冷え・慢性の筋肉の痛みに効果のある精油

ブラックペッパー+マージョラム+ジュニパー+ローズマリー・シネオール

慢性の痛みに対し、温めることにより血液循環をよくします。

また、乳酸の排泄を促しますので、痛み物質を体から出しやすくします。

他には、

ジンジャー、サイプレス、シダーウッド

うっ滞を取り除いて、温めて排泄という組み合わせ、

香りを楽しみたいので、私はマンダリンやラベンダー、レモングラスとかも使います。

しっかり温もったら、腰回りが軽くなって、背筋が伸びます。

入浴中の女性の絵

この腰湯、夏場は暑いし湯船に全身浸かるのもなぁという時は、少しだけお湯をためて入れば簡単。

お塩をドバっと入れて、私は精油をそのままポタポタ垂らして、かなり適当ですが、

いちよう濃度を守って最初はお入り下さい。

ミントはスースーするので注意が必要。

柑橘系、レモンは特に、ピリピリと皮膚を刺激することもあります。

効果を体感すると、やる気になる!

継続できる!

そして、どんな精油がいいかなと楽しめるかなと思います。

腰湯のあとは、水を飲んでデトックスは忘れずにしてくださいね^^