aroma-oliveの日記

平野区アロママッサージサロンOliveの日記

大阪の平野区でアロマサロンを開いて7年目、セラピストのつれづれ日記。

手首トンネル症候群にならないように

大阪・平野区アロママッサージ&よもぎ蒸し、オリーブサロンのかとうゆかです。

だんだん涼しくなってきてます。

本日はポイント使って手のリフレクソロジーをさせていただきました。

https://olivesalon.net/point-service/

アロママッサージをしていると、手首のきしみや腕の力が抜けない方、前腕の張っている方、とても多い気がします。

職業に関係なく、手は酷使されているのだなと思います。

ボディの施術でも、手を丁寧にしてもらえるところは意外と少ないのではないでしょうか?

全身の施術だと、なかなか手に時間をかけれないことがでてきます。

オリーブサロンでは、ポイントサービスでハンドリフレクソロジーできますので、ぜひご利用ください。

パソコン仕事をされている方に多い手のトラブルの一つに、手首トンネル症候群があります。

手首トンネル症候群とは

<疑わしい症状>

・正中神経が通っている中指、人差し指、薬指、親指の、特に内側にチクチクした痛みが走る。

・手全体が痛む

・手から肘、肩にかけて痛む

・見た目に腫れていなくても、指が腫れるような感じがする

・無意識に朝手を振っていたり、明け方にじんじんしびれがある

・仕事を終えてから数時間してから痛む

などなど。。

嫌なことが書いてあります。

重症化すると、物がつまめない、握れないなどの日常生活で非常に困ったことがおきてしまいます。

手首の真ん中には、正中神経が走っていて、そこが圧迫されて親指の根元の筋肉が削げ落ちることが原因のようです。

手

正中神経は親指の筋肉を動かす役目をしています。

その神経がきちんと機能できなくなると、おきるのですね。

また手首の中にはたくさんの腱があり、手を握る動きを司っています。

この腱が痛むことで、握る動作が難しくなります。

神経や腱を痛めないようにするにはどうしたら良いのでしょうか?

パソコン作業を長い間される方には、まずは手の準備をしてからが大事です。

お仕事前の手のケア

手を温める

冷えたまま筋肉を使うのはいけません。

可能ならば、会社でお湯に手を付ける。またはお湯を流しあてる。

お絞り、温かいものを握ってから行う。

お湯の入ったコップを握ったり。

指湯専用のコップを作って、アロマ1滴垂らします。

親指から1本づつ指を突っ込んで、指湯です^^

温めて筋肉がほぐれて血流が良くなってからお仕事開始です。

手洗い

手と指のストレッチ

手をぶらぶら振ってから、グーパーをしてストレッチしましょう。

指1本づつを握ってマッサージ、水かきのところもつまんでみてください。

腕や手首のストレッチも大事です。

キーを打つときは主に下側の筋肉を使っているので、使う所は収縮して固くなっています。

手の甲側は使っていないことになりますから、反対の動きをするのが良いかと思います。

アロママッサージでは手のひらや指を優しく開いていくようにマッサージしていきますが、受けていくうちに皆さん柔らかい手に平になっていくのがわかります。

ハンドマッサージ

手のケアはほんとに大事だと思ってます。

この前のお客様、職場はまだ冷房がかかっていると言われていました(>ω<)

手首が冷えるんですよね。

サポーター巻いておくことをお勧めしました。

絶対に冷やさないでくださいね。

そして、30分に1回は手をぶらぶらさせること。

パソコンから1度手を離してあげてください。

これは意識しないとできません。

キーを打つ手の形は、正しい姿勢でないと必ず正中神経に響きますから。

私もですが、手首の歪みあります。

誰もがかかる可能性のある現代病だと思います。

ちゃんと知っておくと予防できる病気です。

予防できるエクササイズ、

サロンのお客様もお聞きくださればお伝えしますので、一緒にケアしましょう!

こちらに詳しく載っていますよ^^ 参照本:「パソコン手首トンネル症候群」宮尾克

https://olivesalon.net/aroma-hand/

予約状況