aroma-oliveの日記

平野区アロママッサージサロンOliveの日記

大阪の平野区でアロマサロンを開いて7年目、セラピストのつれづれ日記。

生理痛、よもぎ蒸しでお腹を温めたら…

大阪平野区アロママッサージ&よもぎ蒸し、オリーブサロンのかとうゆかです。

お芝居の好きなお客様と、キンキーブーツの話で盛り上がっておりました。

まだまだ余韻が続いております^^

こんな症状のある方にお勧めの黄土よもぎ蒸し

40代のお客様のよもぎ蒸しです。

・体の疲れが取れない。

・仕事が忙しくて帰ったらお風呂に入るのもしんどい。

・職場でのストレスもある。

・生理痛がある。

・生理があまり規則的でないほう。

40代からホルモンのバランスが変わってきますので、お体の変化が30代よりはっきりと出てきますね。

お客様、来られた時は目の下にクマもできて顔色も白いです。

こんな方は、よもぎ蒸しは弱火でゆっくりと温もっていただくことにします。

よもぎ蒸し中に生理痛が…

約50分ですが、おしゃべりしながらのよもぎ蒸しが楽しいお客様です。

すると、 「生理前かな、お腹いたくなってきた(T_T)」

表情が固まるお客様。

「飲めるようなら熱めのお白湯、飲んでみて〜、もう少ししたら痛みもなくなるはずですからね」

 

よもぎ蒸しは骨盤の中を直接蒸気で温めます。

気密性の高いマントをすっぽりかぶりますから、その熱は外に逃げることがありません。

よもぎ蒸しのマント

お顔がでているのでサウナや岩盤浴のような暑さでもないです。

よもぎ蒸しをしている女性

生理が始まる前の痛みには

骨盤の中には子宮・卵巣があります。

1日目や始まる前に痛みが強く出る場合、プロスタグランジンというホルモンが関係していることが多いです。

子宮内膜を剥がすためのホルモンで、経血を出そうとしてくれるのです。

このホルモンは子宮を収縮させ、血管も収縮させるので、なんとも言えない痛みを出します。

ぎゅーぅと内蔵を絞られるような痛み。

陣痛のような痛み…

ほんとに辛い(T_T)です。

顔がこわばりますね。

子宮も筋肉でできています。

子宮のイラスト

柔らかい状態の筋繊維で作られた子宮になることが大事ですから。

とにかくお腹を温めてみましょう。

よもぎ蒸しは、膣から直接お腹の中の臓器に熱を与えます。

お腹の中から外に向かっての熱流。

黄土の椅子とツボが、遠赤外線を放射します。

とてもパワフル。

サウナや岩盤浴との熱の入り方とは逆です。

これが、女性のためのよもぎ蒸しといえるのかもですね。

膣から子宮頚管までの組織全体、硬くなった筋繊維をほどくようによもぎの薬草スチームが温めてくれます。

黄土よもぎ蒸しの椅子

そして血管も広がることで血流がとてもよくなります。

お腹にあるリンパ液を上半身まで運んでくれるので、体の中の大掃除も簡単。

お顔のむくみが取れる方がとても多いのはこのおかげです。

お客様、5分位したらケロリとされておりました。

「お腹、全然痛くないです^^」

生理が始まる前に来られてよかったかもしれないですね。

生理痛はとにかくお腹を温めていって、アロママッサージで下半身からお腹全体を柔らかくしていくことも効果的です。

冷えと下半身の血流不足が見られる方は、ふくらはぎや太もも、お尻やお腹を触るととても硬く張っている方が多いような気がします。

ストレスの多い方には、お顔や頭のマッサージをされますと、力が抜けやすいかと思います。

お客様、終了後は頭にタオルをまきながら、ねじりはちまき姿^^

目の下のクマもとれてすっきりとされました。

油膜も浮いていて、デトックスができています。

「また来月きますね〜」

来られたときとは別人のようになられるお客様のお顔。

いつも嬉しい瞬間です。

生理痛やだるさの強い方。

黄土のよもぎ蒸し、一度体験してみてください。