aroma-oliveの日記

平野区アロママッサージサロンOliveの日記

大阪の平野区でアロマサロンを開いて7年目、セラピストのつれづれ日記。

夏の冷えに悩む40代のお客様

オリーブサロンのかとうゆかです。

朝と晩の涼しさがいつまでも眠りを誘います。

爽やか=ずーっと寝れる。。。

仕事するのがもったいないくらいの爽やかなお天気ですが、黄土よもぎ蒸しとアロマのお客様は、夏の冷えに悩んでおられました。

職場の冷房が20度以下の設定で、電車の中も冷えすぎて、ひざ掛けは必須だそうです。(かわいそ〜)

冷え性の女性のイラスト

冷えは婦人科系の病気を作りやすいので、本当にこのような環境は夏こそ温めたほうが良いです。

黄土よもぎ蒸しは、直接、子宮や卵巣、膀胱や大腸小腸、骨盤内の臓器を温め、遠赤外線を多量に放射して、体の芯まで熱を届けていきます。

そのため、老廃物が皮脂腺をとおして排出されますよ。こんなふうです。

黄土ツボの中身

サウナや岩盤浴と違い、温泉に入ったあとのようなポカポカした温もりと、体の軽さが爽快で、すっきり感じられるというお客様が多いです。

これは、血流やリンパ液が流れ出したことで、老廃物が排出されたからともいえますが、黄土の力も大きいかなと思います。

黄土という韓国の土は、朝鮮時代から心身を癒す作用があることで、黄土でできた部屋で過ごすことで王様の心の病の治療に使われたようです。

酵素を大量に含んでいるため、殺菌効果も高く、病気の治療にも使われていました。

すごい土ですね^^

 

薬草ですが、体の冷えを改善して、美肌効果がとても高い漢方薬草を使用しています。

お肌のトラブル、アトピー、乾燥肌、むくみ、くすんだ肌と、お肌に関しては、とてもよい結果が多く見られました。

 

女性は子宮や卵巣を冷やさず、腰回りは1年中温かいのが、婦人科系の病気の予防にもなります。

この部分を温めると、気持ちが穏やかにもなりますし。。。

イライラしたり、ヒステリー状態にまで感情のコントロールができないと感じる方は、特にお勧めします。

私も早くこの温熱療法に出会っていれば、子育て中、子どもに当たることも減っていたかもなぁ。

また、秋になる前に黄土よもぎ蒸しをすると、季節の変わり目の不調にも役に立つことと思います。

気になる方は、ぜひオプションメニューの黄土よもぎ蒸しをお試しくださいませ(^^)

https://olivesalon.net/yomogimushi/