aroma-oliveの日記

平野区アロママッサージサロンOliveの日記

大阪の平野区でアロマサロンを開いて7年目、セラピストのつれづれ日記。

アロママッサージが負担になる時のボディーメニュー

平野区アロママッサージオリーブサロンのかとうゆかです。

コロナウイルス感染症対策についてはこちらを御覧ください。

aroma-olive.hatenablog.com

今日のお客様、ご来店時からお疲れの様子でした。

「来るまでもしんどくて…」

 脈をみると、とても弱く沈んだ触れかたでした。

不整脈も見られました。

このような時は、アロママッサージでリラックスできる方と、そうでない方がいます。

 「胸のつかえもあって、家にいると寝ないともたなくて…」

 

f:id:aroma-olive:20200720202641p:plain

肩こり首コリ、全身のだるさ、胃から胸部の不快感。

深呼吸をしてもらいましたが、息が入っていかないです。

 

こんな時、全身アロマは禁物です。

アロママッサージでなく、洋服の上からリンパが自然に流れるソフトなタッチングでリンパケアをさせていただきました。

 

全身約70分の間、尿意を感じトイレへ行かれたのが3回。

いらない水分が排出されている証拠かもしれませんが、お客様は夜間も尿意で起きることがあり、睡眠も浅い感じです。

 

アロママッサージで流していったり、ほぐしていくことが、負担になる場合があります。

こういう時は、お話しながらお体の楽を一緒に探していきます。

 

お顔の滞りもあり、フェイシャルを追加しました。

終わってから、脈をみましたが、不整脈はないのですがまだ安定してなくて、どうしよう~。

 

ソファーに座り、首まわり、喉のまわりを触れていきます。

ここですね〜、

「喉って触ってもらうことないから、触ったらあかんかと思ってた」

そうですよね、

触り方さえ間違えなければ大丈夫です。

 

両腕の硬さが見られます。

「ここ、気持ちいい〜」

肩、耳回り。

 

そうこうすると、

「あ、今流れてすっとしてきた、喉のとこ触られて、ここやって思った」

 

弱かった脈拍が、指に届くようになりました。 

「少し楽になったでしょ?」

私もお聞きしながら、喉の周りを中心に、お客様にも触れ方をお伝えしました。

 

フェイシャルマッサージ後、お顔全体と目力が、いつものお客様に戻られてます

お顔も体の一部と捉えて、疲れがたまりやすいところです。

そのような方はフェイシャル前後の違いがわかりやすいです。

 

お腹の状態もあまりよくない感じでした。

「胃のあたりがつかえる感じで、それが胸のほうにもきてる感じ」

「お腹を触ってもらうと気持ちいい」

 

胸のつかえた感じも、胃やお腹と関係しております。

西洋医学では、動悸がする、胸がざわつく、などの症状で、お腹をみてくださる先生は少ないと思います。

 

顔、喉、胸、お腹。

体の前面のつながり、大事です。

 

「ゆっくり話ができたことで、だんだん落ち着いてきたみたい」

「来た時と体が違う」

 変化は見られましたが、セルフケアの継続は必要だと思います。

 

アロママッサージ以外では、お洋服を来たままで受けられる施術もしております。

症状に応じてお聞きしながら施術方法や部位を決め行います。

こちらはリンパケア60分前後6000円です。

フェイシャル追加で2000円です。

少しでも楽な状態になれるようにするお手当的なケアだとご理解ください。

 

Y様、いつもお心使いありがとうございます♡

f:id:aroma-olive:20200720194807j:plain

オリーブ☆かとうゆか

olivesalon HP

空き状況

  24時間お申込はこちら