aroma-oliveの日記

平野区アロママッサージサロンOliveの日記

大阪の平野区でアロマサロンを開いて7年目、セラピストのつれづれ日記。

「海の上に浮かんでいるみたい」な感覚になると。。。

アロマトリートメントをうけて、40代のお客様。

「海に浮かんでいるみたい」

トリートメント後、

ベッドの上で目を閉じ、自分の体を感じてみる時間。

f:id:aroma-olive:20210826111034j:plain

画像元

ゆっくりと目覚めていただくことを大切にしたいと思うのです。

目を閉じて静かなお客様。

そんなお姿を見ますと、ほんとうに穏やかなエネルギーを感じます。

そのあと、着替えをされてトイレに行かれます。

出てこられたときのお客様のほとんどの方が、爽やかな軽さに包まれた感じに。

雰囲気から感じられることばかりですが、このような穏やかな印象を身につけられている状態は、必ず脳の視床下部というところにも影響しています。

ラクゼーションは、ただの癒やし、ご褒美にうけるもの、と思われがちなのですが、とても残念。

上手に伝えることができない私も勉強不足なのです(._.)

ブログでお伝えできればと思います。

 

まず、体がとても心地良い、リラックスっていいわぁ〜と感じますと、どうなるでしょうか。

自律神経の緊張がとけていきます。

細胞をリラックスさせることができます。

副交感神経にスイッチが入った状態になります。

ストレスホルモンからも開放され、全身の血液がスムーズに流れるお体へと変化していきますね。

 

血液には白血球がありますが、これは免疫細胞の役目をしています。

風邪をひいたり体の中に炎症がおこると、この数字が変化しますね。

白血球の力というか、防御力も変動するのです。

これには自律神経が関わっているんです。

自律神経が乱れると、免疫細胞の白血球も力が弱くなり、病気にかかりやすくなるという流れです。

自律神経は、ストレスによる交感神経の緊張が続くことでバランスを崩します。

こういった方のお体には特徴があります。

これはまた今度書けたら。。。

話を戻しますと、

この時(交感神経緊張が続く時)、血液の中では、白血球のうちの顆粒球が増えてます。

反対にリンパ球は減ってます。

白血球という免疫細胞も、自律神経に支配されているということです。

癌になると、リンパ球の減少がみられますから。

体の中の仕組みを考えると、ストレスを軽減することがとても大切で、リラックスしている状態が、血液細胞や免疫、自律神経にちゃんと関係していることがわかります。

 

東洋医学で言う「瘀血」という状態は、女性に多くみられますね。

血液の巡り、血流が滞ったことによる体と心の不調です。

頭痛や肩こりが慢性的になっている

生理前の症状や経血の状態

喉が使える感じがする

顔色が悪い

静脈瘤ができやすい

他にも色々。。。

これらの不調が多い方、お薬を常用している方。

一度毎月のアロマトリートメントを受けられてみてはいかがでしょうか。

自分の体の状態は、わかりにくいものです。

頑張りが慢性化すると、お体が緩みにくくなってきますから。

張り詰めたお体になっていくと、呼吸も浅くなり、吐いたときに緩まないのです。

オリーブのアロマトリートメントでは、必ず最後に深呼吸で胸郭の動き横隔膜の動きを確認します。

ちゃんと息ができる体になってほしいです。

f:id:aroma-olive:20210825163459j:plain

アロマトリートメントは、受けている時間もですが、しっかりとリラクゼーションを感じることで、脳への反応のしやすさが違うのではと思います。

人は、体が辛くなるとセロトニンの量も一時的に減少しますので、それが続くと気持ちもコントロールしにくくなってきます。

幸せホルモンといわれるセロトニンも、気持ちの良いアロマトリートメントを受けることで増えていきます。

ストレスにも強くなれるのではないかと思います。

Yさん(*^^*)

いつもいつもお土産いただきまして、ありがとうございます!

f:id:aroma-olive:20210825163503j:plain

オリーブ☆かとうゆか

オリーブサロン/10時〜18時年中無休

女性専用リラクゼーションサロン

大阪市平野区流町1−6−4ゆうハイツ流町303号

olive HP

メニュー

空き状況