aroma-oliveの日記

平野区アロママッサージサロンOliveの日記

大阪の平野区でアロマサロンを開いて7年目、セラピストのつれづれ日記。

お部屋をいい空気にするために

平野区アロママッサージオリーブサロンです。

コロナウイルスが、また感染力を増してきましたね。

サロンのコロナ対策はこちら

冬になり室内の換気も夏のようにはいかなくなりました。

サロンでも、お客様が来られる前には暖房をかけながら窓を開けておりますが、マッサージ中は閉め切っています。

少しの隙間でも窓を開けることで、室内の空気は換気されるようです。

f:id:aroma-olive:20201008210132j:plain

ですがその隙間風も、裸の状態では冷えてきますので難しいなと思います。

冷えを感じないようにベッドは暖かくしていますが、今年は換気をできるだけしていくことを心がけています。

掛け物や暖房での細かい調整が必要です。

 

お部屋の空気に影響するもの

室内の空気は、イオンが存在しています。

目には見えませんが、プラスイオンが増加すると体のホメオタシス(恒常性を保つ機能)を狂わせるそうです。

空気も悪い状態になり、なんとなくその場にいるのがしんどいなど体に影響を及ぼします。

また、プラスイオンが多くなると、交通事故が増加するという発表もあります。

プラスとマイナスの電子が体に及ぼす影響も色々と聞かれています。

 

マイナスイオンは森の中や滝や川のそばで多く見られます。

心地よさや安らぎを感じ、免疫をを上げ、老廃物を排出させたりと、人の体や心に良い影響を与えます。

プラスイオンは電子機器のそばや人混みの多い密な空間で発生するようです。

めまいや頭痛肩こり、喘息やアレルギー、イライラ不眠、動脈硬化、がん、認知機能の低下など…

避けたい状態ばかりですね。

 

いい空気を作るには…

どうしたらよいのでしょうか?

工夫できることをしてみましょうか。

できるものとできないことがあるかもですが。。。

 

1観葉植物を室内に置きマイナスイオンを増やす。

2部屋の換気と掃除を習慣化する。

特に早朝の換気で新鮮な空気を入れる。

3電化製品をおかない空間を作る。

4入浴時、シャワーでマイナスイオンを出し浴びるようにする。

5空気中にアロマミストやハーブウォーターをスプレー、芳香する。

 

できそうでできないのは3番かなと思います。

私が生まれる50年前なら可能ですが、今の子どもたちはプラスイオンの多い空間で育つことが当たり前になっているのでしょうね。

大丈夫かなぁと気になります。

 

アロマ芳香を日常使いしてみませんか?

目的によって、精油を選ぶことができますよ。

サロンではこんな感じで選んでいます。

今日の店内のお部屋の芳香は、

ユーカリ

ローレル

オレンジ

f:id:aroma-olive:20201106183915j:plain

室内の芳香は、うっすらと香るか香らない程度にブレンドしています。

お客様の好みやその日の気温や季節によって変えています。

ユーカリとローレルで、抗菌作用を。

オレンジは香りに甘さを柑橘系のパワーを。

ローレルとオレンジを足すと、食欲がそそられるような美味しそうな香りになります。

ユーカリがすっきりしてて、なかなか良い感じです。

 

コロナ対策も兼ねて、使う精油の中には必ず抗菌効果の高いものをひとつ入れています。

感染予防の効果を高めるなら、スプレーもお勧めです。

お客様に購入いただいているアロママスクスプレー。

アルコール入りなので、空気中に噴霧することで、感染予防になりますよ。

ご希望の方はまだ在庫ございますのでお声おかけくださいませ。

aroma-olive.hatenablog.com

オリーブ☆かとうゆか

olive HP

メニュー

空き状況

  24時間お申込はこちら