aroma-oliveの日記

平野区アロママッサージサロンOliveの日記

大阪の平野区でアロマサロンを開いて7年目、セラピストのつれづれ日記。

癒やしのアロマ☆ラヴィンサラ

精油は不思議です。

瓶から1本香りを嗅いで、

「これは苦手、嫌い!」

 

そう言われているお客様も、

ブレンドするとあら不思議。

「この香り、いいわぁ〜」

そんなことが度々あります。

 

もともと精油

植物の芳香成分が単独ではなく、

沢山の種類成分が含まれています。

 

重い香り

軽い香り

 

特徴はありますが、

重さもブレンド次第で

いいアクセントになるのです。

 

人も同じかもしれないなぁと感じます。

 

好きや嫌いはあるけれど、

活かすことのできる工夫さえあれば

バランスが取れるのかもしれません。

そこがまた、難しいのです(>ω<)

 

今回は、神戸のまだ向こうの方から来られたお客様。

70代の大先輩です。

 

空

健康ではあるけれど、

お体の悩みはいろいろ出てきます。

 

お話をお伺いして、

ご用意したのはこの3本のアロマ。

 

ラベンダー

ラヴィンサラ

ゼラニウム

 

ラヴィンサラ精油

お客様の苦手なゼラニウムの香りを

上手くブレンドしてくれました。

 

ゼラニウムの香り、嫌いなの」

と言っておられましたね(*^^*)

 

ラヴィンサラ

マダガスカルでは癒やしのオイル。

厳重に管理されているそうです。

 

オキサイド類という成分が半分ほどもあり、

免疫向上

抗炎症

抗菌・抗ウイルス

 

体への作用も大きいですが、

神経系への効果も優れている精油

 

落ち込み、うつ、不安、絶望感…

 

こういう気持ちをぐっとはずすことが得意です。

 

ポイントは、

ラベンダーなどエステル類の多い成分とあわせること。

 

とても深い眠りを誘うみたい。。

お客様を見ていて思います。

 

ラヴィンサラだけだと、

すーっとしたユーカリ系の香りです。

眠れそうな香りではないのです。

 

肩からお顔への症状がみられます。

 

視る

臭う

聞こえる

味わう

 

お顔で感じる感覚器です。

 

当たり前のように日頃使っているのですが、

歳を重ねると、

少しずつ機能も低下して

生活に不便を感じる事もでてくる。

 

髪の色はごまかせても

これらの不便は

なかなか若い時と同じように

戻してくれる手段はなかったり。

 

いろんなことを受け入れる懐の深さが

必要になってきたり。。

 

まずは背中の張りや肩のこりを緩めましょう〜。

 

気持ちに活力が湧くことで、

自然と胸元の緊張も取れて

姿勢が整うこともある。

 

ラヴィンサラ精油は、

過労や神経からくる筋肉の痛みをとってくれます。

 

ゼラニウムはうっすら濃度がポイントです。

 

自然治癒力を底上げしてくれる

混ざり合うアロマのパワー、

お客様へ届きますように。

 

クッキー

おみやげ、ありがとうございました♡

 

オリーブ☆かとうゆか

更年期世代の女性のためのアロマサロン・高齢の方と病気の方への訪問アロマケア専門 平野区アロママッサージオリーブ

谷町線平野駅より徒歩2分)

大阪市平野区流町1-6-4ゆうハイツ流町303

アクセス

9時半~18時(最終予約)

年中無休/女性専用

070-5268-9888

HP

メニュー

空き状況

  24時間お申込はこちら